ご予約・お問い合わせ

ABOUT 初めての方へ

日焼けサロンが初めての方へ The more nearly first one

point01

手ぶらで来店

日焼けに必要なものは、すべてご用意していますので
手ぶらでご来店ください

point02

清潔

マシンの掃除は除菌・消臭にこだわって特別に作られたクリーナーを使用しております
安心してマシンをご利用下さい

point03

有線

全マシンルームは有線を設置し、タンニング中も音楽をお楽しみ頂けます

point04

アメニティ

化粧水・乳液・アイロン・コテ・クシ・女性用バスローブetc 各種、無料アメニティーをご用意しております
ご自由にお使いください

店内の流れ The flow of inside of a shop

step01

受付でマシンを選んでお会計をします 初めての方はスタッフにご相談下さい
お客様にあったマシンをご案内致します

step02

マシンルームにご案内致します 店内設備、マシンの利用方法をご説明致します

step03

洋服を脱いで、全身にタンニングオイルを塗りマシンに入って仰向けに寝てください
3分後に自動でマシンがスタートします

step04

終了時間になったらマシンが自動で消えます
タンニングが終わったら洋服、お荷物を持ってシャワールームに移動し、シャワーを浴びてください
店内は他のお客様とあまり会わない作りになっています(女性のお客様はバスローブも用意しています)

step05

シャワーが終わったら、タオル・カゴを受付に返却して下さい

セーフティタンニング 1-Weekプログラム Seafety tanning 1-Week plogram

初めての方や久しぶりのタンニングで、下地がない方の参考プログラムです

1日目

タンニング

(時間は少なめに)

2日目

休息日

3日目

休息日

※肌に炎症やヒリヒリ感がある場合、治るまでさらに間隔をあけること

4日目

タンニング

(時間は少なめに)

5日目

休息日

6日目

休息日

7日目

休息日

or

タンニング

(肌のコンディションによる)

通常
利用

7日目以降は、毎回、最低でも24時間以上の間隔をあけて、肌の様子を見ながらご利用ください
一定の肌色を維持するためには個人差もありますが5~7日おきの利用が目安です

下地
作り

海など、太陽の紫外線が強い場所に行く前に下地作りをする場合、最後のタンニングマシン利用から2日以上開けて、肌の状態を落ち着かせてから、現地に行くようにしましょう

屋外
日焼

屋外で強く日焼けした後に、タンニングマシンを利用する場合、3日以上の間隔をあけて、肌の状態の確認が必要です
炎症等がある場合、おさまるまで休息期間を設けましょう

注意事項 Notes

警告-ご利用上の注意

JIS規格に基づくタンニングマシン利用上の注意事項

次に該当する方は、タンニングをご遠慮下さい

  • 紫外線アレルギーの人
  • 日焼けができない人(色素が作れない人)
  • ヤケド日焼けで現在炎症をおこしている人
  • 医師に日光浴を禁止されている人
  • 疾病、ケガ等で治療中の人(医師に事前相談のこと)
  • 皮膚や目に障害のある人
  • 紫外線の感受性を高める医薬品を使用中の人(特に抗生物質、睡眠薬、抗うつ剤、ピル、水虫薬、湿布などを使用中及び使用直後の人)
  • 妊娠中の人
  • 長時間のレントゲン(X線)照射を受けて4週間以内の人

Q&A Question & Answer

Q
日焼けサロンに行くときは何を持っていけばいいですか?
A
バスタオル、ジェル等日焼けに必要なものはすべて揃っていますので手ぶらでお越し下さい
女性のお客様はバスローブも御用意しています
Q
1回で黒くなるの?
A
日焼けサロンは1回では黒くなりません
個人差はありますが2,3回でご希望の色になる方が多いです
Q
海外や海に行く前に日サロで下地を作った方がいいの?
A
いきなり過度の太陽光線を浴びてしまうとやけどの原因になりますのでプレタンニング(下地作り)として日焼けサロンを利用することは大変有効です
Q
焼いた後は何か塗った方がいいの?
A
日焼けの後は十分な保湿を行なって下さい
Q
初めてだけど何分焼いたらいい?
A
お客様の肌の状態にもよりますのでスタッフに相談して下さい
最初は下地向けマシン〜中型マシンをお勧めしています

Copy Right(c)町田の日焼けサロン:ザ・サンラウンジ All Right Riserved